突然二重になったときの戸惑いと喜び

hada

産まれてからずっとつぶらな腫れぼったい一重まぶたでした。

中学まではとても気にして、周りにもからかわれ、目に関しては嫌な思いがほとんどでした。

視力が落ち、当時の眼鏡ではただでさえ小さな目がより小さく見えたのも悩みを助長させる原因でした。

仲のいい友人から言われた一重を肯定する言葉に救われ、また、一重と付き合っていく諦めもつき、中学後半からはコンプレックスも薄れていきました。

パッチリ二重のかわいい目の友人を見ると羨ましくて憧れる気持ちに変わりはありませんでしたが、一重が原因で暗く沈み込むことはなくなり、明るく過ごせるようになり徐々に楽になっていきました。

高校に入学し、眼鏡からコンタクトレンズに変えました。

近眼の乱視で本来はハードレンズが適していたのですが、運動部に所属しておりハードでは外れる危険が高いので、ソフトレンズで過ごしていました。

その間は変わらずつぶらな一重でした。

卒業してソフトの必要もなくなったため、ハードに変えました。そうしたら、2,3日で二重になったのです。

ハードを装着したのは初めてだったので慣れていないせいだ、目が慣れてきたらまた一重に戻るものだと思っていましたが、そのまま二重をキープしています。

食べ盛りの時期が過ぎ、高校卒業からだんだん痩せていったのも原因かもしれません。

実際、痩せただけで二重になったという友人もいました。私の場合は明らかにコンタクトをハードに変えたタイミングでした。

半信半疑でしたが、パッチリ大きな目ではなくても憧れの二重になれたことでメイクも楽しくなり、周りからも印象が変わったと言われ、とても嬉しかったのを覚えています。

久しぶりに再会した友人には、整形した?と言われたほどです。

今現在私は二重ですが、私の子供たちは、一人は奥二重、一人は一重です。

しかし、残念だと思うことは一切ありません。とてもかわいいです。

私自身パッチリ二重の友人を羨ましがったり一重まぶたで悩んできた経験から、いつかは子供たち(女の子です)も悩む時が来るのかもしれません。

過去に、どうして私は一重なの??と親に詰め寄ったこともありました。

その時の悲しそうな戸惑った様子の両親の表情を今でも覚えています。

いつか子供たちがコンプレックスに感じて悩む時が来たとしても、自分が悩んできた経験を思い返して、コンプレックスが和らぐ言葉をかけてあげたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です